UQモバイルの評判まとめ!気になる通信速度や料金プランを紹介

投稿日:

UQモバイルの評判まとめ!気になる通信速度や料金プランを紹介

現在au端末を利用している

スマホで動画や音楽などを視聴することはほとんどない

でも画像サイトはよく見るので通信速度は重視したい

こんな私が今注目しているMVNOがUQモバイルです。ここでは私が調べたUQモバイルの特徴やメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

UQモバイルの格安Simの特徴

UQモバイル

UQモバイルの特徴
UQモバイルには、より幅広いお客様が便利に利用できるサービスが充実しています。毎月1980円から無料通話とネットを利用できるリーズナブルさや、全国エリアでの高速通信、新スマホが続々登場する充実のラインナップも魅力的です。

料金 月額1,980円(1年間・税別)
回線速度 回線品質がよく、格安なのに高速!
初期費用 公式サイトから申し込むとSIMパッケージ料金などの初期費用が無料
割引 UQ家族割あり!2回線目以降の月額基本料を毎月500円割引!
キャッシュバック プランS:10000円 プランM:11000円 プランL:13000円
解約 電話で解約可能
SIMカード返却なし
契約解除料:9,500円

UQモバイルの総評

SIMくん
  • 1980円から無料通話とネットを利用可能
  • 日本全国エリアでの高速通信を実現
  • 安心・便利なサポートサービスも充実

UQモバイルは聞いたことがなくてもUQ WiMAXなら耳にしたことがある、という人も多いのではないでしょうか?

UQモバイルはこのUQ WiMAXで知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOです。

UQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社が運営しており、通信品質の高さが評判です。

2015年の格安SIMアワードでは通信速度部門で最優秀賞となったことからもその品質の高さがわかるでしょう。

一般的に格安SIMはキャリアと比べて通信速度が遅く、またかなりのスピードが出る時もあれば使い物にならないほど遅くなることもあるなど、安定性にも欠けるというデメリットがありますが、UQモバイルはこの格安SIMのデメリットを見事にカバーしているのです。

現在MVNOのほとんどはdocomoの回線を利用しており、auの回線を利用しているのは2社しかありません。

UQモバイルはその2社しかないau系MVNOの一つです。現auユーザーの私が注目している理由の一つがこれです。

MVNO各社ではさまざまな契約プランを用意していますが、UQモバイルでは月間データ容量が3GBの高速通信プランと、容量無制限で通信速度が500kbpsの2プランだけととてもシンプルです。

UQモバイルのメリットは高い通信品質と速度

ではまずUQモバイルのメリットから。

UQモバイル最大のメリットは上にも書いた通り、その高い通信品質です。速度の面でも安定性の面でもキャリアスマホに劣らないと評判です。

ストリーミングコンテンツの視聴をメインに利用する人にとってはもちろんのこと、画像など大量のデータを保持するサイトをよく見る人にとっても通信速度と通話品質は重要なポイントとなります。

このメリットだけでもUQモバイルを選ぶ理由になるのではないでしょうか。

データ容量無制限の低速プランだと最大速度500kbpsと言われていますが、実際にはほとんどの時間帯や場所で500kbpsを超える速度を計測しており、場合によっては1Mbpsを超えることもあるといいます。

これだけ出ていれば、少なくとも静的コンテンツの視聴でそれほど不便を感じることはないでしょう。

またUQモバイルはプラチナバンド対応エリアが広く、その人口カバー率は99%に上るとも言われています。屋外屋内問わず電波の届かない地域がほとんどないというのも大きな強みの一つです。

UQモバイルではVoLTE対応SIMを選ぶことができます。データ通信だけでなく音声通話の品質も重視する人には大きなメリットとなるでしょう。

UQモバイルのデメリットはデータ容量の少なさ

MVNOを選ぶときにはデメリットについてもしっかり確認しておくことが大切です。

UQモバイル最大のデメリットともいえるのがデータ容量の少なさです。

ほとんどのMVNOで最大10GB以上のプランを提供しているのに対し、UQモバイルは最大でも3GBまでのプランしかありません。

データ容量無制限のプランもあるにはありますが、通信速度が500kbpsとかなり低速に抑えられてしまいます。

UQモバイルSIMのみ購入プラン

データ容量を最も消費する動画や音楽視聴はこの速度では正直かなり厳しいでしょう。

ただし、UQモバイルではデータ容量の追加購入が可能です。

100円で100MB、500円で500MB分の高速データ容量を追加できるので、足りなくなってもすぐに使えなくなってしまうというわけではないので安心です。

注意点

UQモバイルは3Gのデータ通信に対応していません。普段利用するエリアがLTE対応エリアなのであれば心配はいりませんが、LTE対応エリア外となってしまう人は注意が必要です。

※スマホとSIMがセットになったプランもあり

UQモバイルスマホ購入プラン

UQモバイルへのベストな乗換プラン

UQモバイルへのベストな乗換プランを考えてみました。

まずは、現在auで契約している人の乗り換えが断然お得です。なぜなら、今使用している端末をそのまま利用できるからです。

MVNOの利用回線が現在契約中のキャリアのものである場合、キャリアのスマホのSIMロックを解除することでMVNOの格安simを挿入してそのまま格安スマホとして利用できるようになります。

現在ほとんどがdocomo系MVNOの中、auユーザーが新たに端末を購入することなく乗り換えができる数少ないMVNOがUQモバイルなのです。

また、自宅でインターネット回線を引いており、さらにWiFiを使っているとより便利です。

追加購入可能とはいえUQモバイルはやはり高速データ通信容量が少ないので、自宅ではWiFiを使ってできるだけデータ容量を消費しないように使うことをおすすめします。

UQ mobileを実際に使ってみた感想

私が実際にUQモバイルを使ってみて感じた事は、まず『ここはけっこうサクサク動くじゃない!』という事ですね。

UQモバイルに関してモバイル調査研究機関であるMMD研究所の調査では、格安SIMの中でも通信速度がトップクラスに早いというデータが出ていますね。

一般的に格安SIMでは、都内のランチタイムの通信速度が弱まる傾向にありますが、私が使ってみて別段ストレスを感じる事はありませんね。

それまでドコモでスマホを使ってきましたが、それと比べても通信速度が劣っているとは思いませんでしたよ。

さすがに超高速通信と呼ばれるだけの事はあると思いました。

その理由は、基本的にMVNOはドコモやauやソフトバンクの通信回線を利用してサービス展開をしていますので、ベーシックな部分では大手3社のポテンシャルをそのまま引き継いでいるからです。

中でもUQモバイルは、他のMVNOの利用が少ないau回線を使っているので、ランチタイムでも混雑し難いというメリットを持っています。

それで常時安定した速度を出すことができるのですよ。

UQmobileのターボ機能が便利

データ高速プラン(+音声通話)を利用している方で、1ヶ月間のデータ容量が上限の3GBを超過する方はいませんか?

私は時々4GB/月くらいまで使う事がありますから、何もしなければ速度制限が始動して、200Mbpsあたりにまで落ちてしまいます。

外出先で常にデータ通信をしている関係上、自動アプリ更新や写真・動画の送受信も頻繁で、データ容量の消費が非常に多くなってしまいがちなのですね。

それで、2015年の暮れから始まったサービスのターボ機能が役に立っています。

これはデータ容量節約サービスで、設定データ容量の上限を超えてしまいがちなユーザーには頼りになるアイテムですよ。

このターボ機能は、タップするだけで通信速度を変える事ができる便利アイテムで、高速通信と低速通信に簡単に切り替える事ができるのです。

これを上手に操作すれば、かなりのデータ容量を節約できるので、是非皆さんも試してみて下さい。

UQモバイルの通信速度制限は3日間制限と1ヵ月制限

UQモバイルでは2種類の通信制限を設けています。

一つは3日間(72時間)制限です。

直近3日間の合計通信量から始動する制限で、これは料金プラン毎に定められた上限値をオーバーした時点で発動されます。

そうしてもうひとつが1ヵ月制限で、月極の合計通信量が設定プランの月間高速データ量をオーバーすると始動する様になっているのです。

3日間の制限は比較的幅を広くしてあるために、これに引っかかる方はそれ程多くないと言えるでしょう。

ですが1ヶ月制限はシビアに考えた方が良いでしょう。

先にも言いました通りに、節約のために小さめのデータ容量のプランを選んでしまいますと、使い過ぎた月はリミットをオーバーしてしまう可能性があります。

それでもし制限が掛かってしまいますと、3日間(72時間)制限では混雑状況での処理スピードがかなり遅くなりますし、1カ月間制限でもデータ高速プラン(+音声通話プラン)で200kbpsまで制限されてしまいます。

他にも『ぴったりプラン』や『たっぷりプラン』、『おしゃべりプランS』、『おしゃべりプランM』でも、それぞれ300kbpsまでの制限を受ける事になりますので、ちょっと使い難くなってしまう感じですね。

ですが、UQモバイルの通信速度制限は、他の格安SIMに比べるとかなり緩い設定ですよ。

多くのMVNOでは通信速度制限時で100kbpsぐらいまで落ちてしまいますから、それからすれば緩い制限だと言えるでしょう。

とは言いましても、この様に制限が掛かってしまえば、十分にスマホやタブレットを使いこなせません。

予防策としては先に紹介したターボ機能が便利だという事ですよ。

UQmobileの格安料金プランなら年間80,000円以上も節約できる

UQモバイルに乗り換えると、これまで払っていたスマホ代が断然安くなりますよ。ここのノーマルプラン・データ高速プラン(3GB/月)で月額980円になります。

au・ドコモ・ソフトバンクお大手3社と比較すれば、かるく6~7000円は違ってくる計算でしょう。

つまり年間80,000円以上も節約できるのですから、格安SIMを使わない理由はないでしょう。

また+音声通話プランでも月額1680円ですから、利用者には嬉しい格安スマホという事です。

基本的に3GB/月あればほとんどのユーザーが満足できます。私は結構ヘビーに使う方ですから、月に3GBを超える事が稀にあります。

ですが普通は3GBを超える様なヘビーユーザは少ないですから、コース選択をする際は実際にどのくらい使うかをチェックしてからにしましょう。

使いもしないのに高いお金を払うのは馬鹿らしいと思いませんか?

それで、もし足りない月があればデータチャージをすればいいのです。これからは節約モードでスマホを使う時代ですよ。

公式サイトをチェック

格安SIM格安スマホを徹底比較しました

-MVNO

Copyright© 格安SIM・格安スマホを徹底比較!通話品質・通信速度を比べてみました , 2017 All Rights Reserved.